イソフラボンを摂取しよう|バストアップにも期待できる

男女

予防法やストレス

婦人

予防に必要なこと

手足がなかなか温まらないなど、冷え性の症状を訴える人は少なくありません。しかし、たかが冷え性と軽く考えている人も多いのですが、冷え性は万病のもとといわれるように、大きな病気につながる可能性も否定できません。では冷え性を予防するために、ぜひ避けて欲しい生活習慣があります。まずは冷房を効かせすぎないことです。これによって体の温度調節の機能が低下していき、症状を悪くさせる可能性があるからです。また冷たい飲み物も摂りすぎないようにしましょう。これは内臓を冷やすことによって、熱を作る働きが衰えていくからです。更にはシャワーだけの入浴も体が十分に温まらずに、冷えを生じてしまいます。入浴するときは、38〜39℃程度のお湯で半身浴をすると良いです。このような生活習慣の改善を続けることが重要なのです。

ストレスとの関係

多くの人が悩んでいる冷え性ですが、実はストレスと大きな関係があります。冷え性とストレスにどんな関係があるのかという疑問を持つ人もいるでしょう。ストレスは誰にでもあることですが、度を越したストレスを受け続けることで、交感神経が過敏になります。そうなると血管を収縮させ続けてしまうため、血行不良の原因となってしまいます。血のめぐりが悪くなることで冷え性になってしまいます。ストレスによる冷え性の特徴としては、手の平や足先に汗をかいたり、冷えている実感があまりなかったりします。ところで現代はストレス社会であり、職場や家庭でストレスを抱えている人が少なくありません。これからもこのような状態が続く可能性があるため、ストレスを抱えすぎないことが大切です。